20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


チムチムチェリー Chim Chim Cher-ee



ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」から「チムチムチェリー」Chim Chim Cher-ee(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  チムチムニー チムチムニー チムチーチェリー
  煙突掃除はいい仕事さ
  チムチムニー チムチムニー チムチーチェルー
  あんたと握手はできないけれどね

  キスするのも投げキスで我慢

  命綱をしっかり結べば
  怖い思いもしないですむさ
  灰と煙にまみれていても
  こんなに素敵な仕事はないさ

  チムチムニー チムチムニー チムチーチェリー
  煙突掃除はいい仕事さ
  チムチムニー チムチムニー チムチーチェルー
  あんたと握手はできないけれどね

  気に入ってるのは豚毛の箒
  竹箒にブラシの箒
  煙突からは煙が昇る
  おいら達には最高の舞台
  昼も夜もなく働き
  闇と光をいったりきたり
  屋根の上からの眺めは最高

  チムチムニー チムチムニー チムチーチェリー
  煙突掃除は愉快な連中
  こんな素敵な奴らはいない
  歌おうぜ チムチムチェリー チムチェルー
  チムチムニー チムチムチェルー チムチェルー


煙突掃除たちの歌「チムチムチェリー」はメリー・ポピンズの中でもっとも有名になった歌。オスカーを獲得した曲だ。







Chim Chim Cher-ee Lyrics

Bert:
  Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
  Chim chim cher-ee!
  A sweep is as lucky, as lucky can be
  Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
  Chim chim cher-oo!
  Good luck will rub off when I shakes 'ands with you

  Or blow me a kiss and that's lucky too

  Now, as the ladder of life 'as been strung
  You might think a sweep's on the bottommost rung
  Though I spends me time in the ashes and smoke
  In this 'ole wide world there's no 'appier bloke

  Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
  Chim chim cher-ee!
  A sweep is as lucky, as lucky can be
  Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
  Chim chim cher-oo!
  Good luck will rub off when I shakes 'ands with you

Bert:
  I choose me bristles with pride, yes, I do
  A broom for the shaft and a brush for the flute
  Up where the smoke is all billered and curled
  'Tween pavement and stars is the chimney sweep world
  When there's 'ardly no day nor 'ardly no night
  There's things 'alf in shadow and 'alfway in light
  On the rooftops of London coo, what a sight!

  Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
  Chim chim cher-ee!
  When you're with a sweep you're in glad company
  Nowhere is there a more 'appier crew
  Than them wot sings, "Chim chim cher-ee, chim cher-oo!"
  Chim chim-in-ey, chim chim cher-ee, chim cher-oo!




前へHOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである